スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

こころの道草

 あすは二十四節気の大雪。冬支度を急ぐこの時季、「こくば掻(か)き」をするのが子どものころの習わしだった。近くの里山で落ち葉や枯れ枝を集め、かまどや風呂の焚(た)きつけに使う。

 「こくば」は松の落ち葉を指す方言だが、耳にしなくなって久しい。先日、久しぶりにその山に行ったら、湿った落ち葉が何層にも積もり、よく手入れされていた昔の面影はなかった。

 心も冬枯れになりそうな時、胸にぽっと灯がともる一冊が届いた。『こころの道草』。四季折々の草花のスケッチ集で、高松市内の主婦森田明子さんが自費出版した。13年前から描きためた166点を収めている。

 両親の介護に疲れ、近くを流れる春日川の土手にふっと足を向けたのが野草や花と向き合うきっかけだった。時には屋島や峰山にも足を延ばし、出合った草花を色鉛筆で丹念に描いてきた。

 精緻な描線と色づかい、一点一点に添えられた詩のような手控えから、深い愛情が伝わってくる。古希を迎え、自分を励まし続けてくれた草花への感謝を込めて本に編んだ。

 「華やかな花より、ひそやかな草花が好き。今だって見落とさなければたくさんありますよ」と話す森田さんに触発され、川土手を歩いた。殺風景に見える初冬の野にも、目を凝らすと赤く色づいた実やかれんな花。命の確かな営みに気づかされた。

 何かに追い立てられるようで、気忙(きぜわ)しい師走。「忙」は「心を亡くす」と書く。ちょっと立ち止まり、心の道草を楽しむ余裕を持ちたい。(L)c
スポンサーサイト
21 : 11 : 19 | 風景・景色 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<一旦停止を無視した車 | ホーム | 初めての炭酸>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ns2.blog52.fc2.com/tb.php/1404-190ea38b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

NHK時計

最新の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

カテゴリー

最近のトラックバック

ブックマーク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

広告エリア

【人肌基準の正確なホワイトバランスを取ろう!】銀一 シルクグレーカード【即納~3営業日後の発... キヤノンEOS KissデジタルNキャッチアップbook Powered by PR-Icon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。